1 財産の確認・税額

① 財産目録の作成

Q1 相続税がどのくらいかかるか知りたいのですがどうすればよいですか。

A1 まず,自分の積極財産から消極財産を差し引いた「課税価格」=「正味遺産額」の概算を算出します。

 ①土地(②小規模宅地減額),③家屋,④預貯金,⑤上場株式,⑥自社株式,⑦生命保険契約,⑧ゴルフ会員権,⑨死亡退職金,⑩生命保険金,⑪贈与財産・相続時精算課税制度適用分,⑫借入金等,⑬葬式費用を確認します。

 そして,①(②の減額)+③~⑪-⑫ー⑬=「課税価格」を計算します。

 上記を表にしたものを「財産目録」として掲載します。

 財産目録を作成し,どの財産を誰に与えるかなどを,熟慮しておくことは,遺言作成のために有益です。

 

Q2 財産の評価はどのようにするのですか。

A2 「財産目録」に書いたように,例えば土地については「路線価方式」等がありますし,他の財産にも別の評価方法があります。

 詳細は,国税庁の

 https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/4602.htmをclick。

 

 

② 具体的な税額

Q1 「課税価格」を出した後,具体的な相続税額はどのくらいかどようにして調べるのですか。

A1 相続税額の算出方法は,「課税価格」から「基礎控除額」を差し引いた「残りの額」を「相続分」によりあん分した額に「税率」を乗じます。

 具体例は,国税庁の「相続税のあらまし

 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4152.htmをclick。