お金の貸し借り

①金銭消費賃借契約

 (相談)

Q1 お金の貸し借りの公正証書を作るにはどうしたらよいですか。

A1 お金を渡す前にご相談ください。お金を渡す日に公正証書を作る方がよいと思います。

 

Q2 お金を渡した後に公正証書を作るにはどうしたらよいですか。

A2 金銭消費貸借契約書を持参して,貸し主と借り主一緒に相談にお越しください。

 

Q3 契約書を作成していない場合はどうすればよいですか。

A3 貸し主と借り主が約束をきちんと確認し,内容をメモして相談にお越しください。

   金銭消費貸借契約の確認事項は「確認事項」をdownload。

 

Q4 貸付の条件について留意すべき点がありますか。

A4 利息制限法の上限を超える部分は無効になります。

   利息等の制限は「利息等の制限」をdownload。

 

Q5 ほかに注意すべき留意点がありますか。

A5 貸金業者に関する規制があります。

   貸金業者に関する規制は「貸金業者の制限」をdownload。

 

Q6 公正証書の作成に必要な書類等はどのようなものですか。代理人の場合はどうですか。

A6 本人確認・代理人の権限確認の資料と印鑑が必要です。

   本人確認・権限確認に必要な資料は「本人確認等」をdownload。

   ただし,確実な本人確認が必要なときは,印鑑登録証明書と実印のほか,運転免許証,パスポート,健康保険証等を提示していただく場合がありますので,ご留意をお願いいたします。

   作成委任状(個人用)は「WORD」,(法人用)は「WORD」をdownload。

   委任状と別紙(契約条項)との間に契印をしてください。

   契印の方法は「割り印」「袋綴じ」をdownload。

 

Q7 手数料はどのくらいかかりますか。

A7 貸付金額によって手数料が異なります。

   例えば,貸付額100万円の場合7000円に証書代を加えた金額です。

   別に印紙代がかかります。印紙税額一覧表をdownload。

 

■ .金銭消費貸借)

Q8 金銭消費貸借契約公正証書を作成した後,数日又は数か月経った後でお金を渡してもよいですか。

A8 その場合,この公正証書で強制執行をすることはできません。

 

■ (連帯保証)

Q9 借り主に連帯保証人を要求したところ,借り主が代表取締役をしている会社を保証人にする言っていますが,留意すべき点がありますか。

A9 借り主と会社との間の利益相反になる場合がありますから,会社が保証人になることについて会社の株主総会又は取締役会の決議があるか,会社の株主は借り主一人だけかなどを確認する必要があります。

   なお,会社の債務を会社の代表取締役が個人保証する場合はそういう問題は生じません。

 

②債務承認弁済契約(準消費貸借契約)

 (相談)

Q1 返してもらっていない貸付金,払ってもらっていない請負代金,払ってもらっていない損害賠償のお金を確認して今後払ってもらうという公正証書を作ってもらいたいのですが,どうしたらよいですか。

A1 払ってもらっていない金額を確認し,返済条件を決め,借用書,請負契約書,損害賠償関係の資料を持参して相談にお越しください。

   書類や資料がない場合は,確認した内容をメモして相談にお越しください。

   債務承認弁済契約の確認事項は「確認事項」をdownload。

 

Q2 弁済の条件について留意すべき点がありますか。

A2 利息制限法の上限を超える部分は無効になります。

   また,最初お金を貸したときの利息が上限を超える場合は無効部分の弁済を求めることはできません。

   利息等の制限は「利息等の制限」をdownload。

 

Q3 ほかに注意すべき留意点がありますか。

A3 貸金業者に関する規制があります。

   貸金業者に関する規制は「貸金業者の制限」をdownload。

 

Q4 公正証書の作成に必要な書類等はどのようなものですか。代理人の場合はどうですか。

A4 本人確認・代理人の権限確認の資料と印鑑が必要です。

   本人確認・権限確認に必要な資料は「本人確認等」をdownload。

   作成委任状(個人用)は「WORD」,(法人用)は「WORD」をdownload。

   委任状と別紙(契約条項)との間に契印をしてください。

   契印の方法については「割り印」「袋綴じ」をdownload。

 

Q5 手数料はどのくらいかかりますか。

A5 債務承認額によって手数料が異なります。

   例えば,承認額100万円の場合7000円に証書代を加えた金額です。

   別に印紙代がかかります。印紙税額一覧表をdownload。

   原債権によってかからない場合があります。