法人設立

                           (緑色文字clickで公証・定款へ移動)

  事業を行う場合、個人事業か、法人事業かが検討されます。法人化のメリットは、有限責任にできる、信用力が増す、最高税率が低くなる、税法上の利点がある、相続税対策になる、事業承継がしやすくなるなどと言われています。

  法人を設立する場合、発起人・設立時社員等は定款を作ります。定款は法人の目的、組織、権限を明らかにする法人の憲法と呼ばれるものです。

  公証人株式会社、一般社団・財団等の定款認証します。発起人等は公証人に定款の認証を受けた上、設立の登記手続を行います。なお、合同会社、合資会社、合名会社の定款は、公証人の認証は不要です。

  公証人の認証を受ける際には、紙の定款とするか、電子定款とするかにより手続が違います。

  株式会社設立のための「重要事項確認「会社の目的記載例」段取り確認」「必要書類・費用確認」のメモを作成しました。(緑色文字clickでdownload)